機種変更をする!au総合編

機種変更を一番お勧めできるのは、このauです。

通信速度、エリアは言うことなし、
価格も他に引けをとらないですし、サービスに関しても及第点を与えられると思います。

ただし、デザイン的には?がつくのですが、
これは、これからすぐに変わるものなので、まあ良しとします。

ナンバーポータビリティに関しても一番勢いがあるauが一番力を入れています。

機種変更時のもう1つの壁であるメールアドレスに関しても、
auは今のままで他社に乗り換えられるサービスを始めたいと話しています。

もしかしたら来年には、メールポータビリティのサービスが始まってるかもしれませんね。

間違いなく、現在No,1キャリアです。



機種変更をする!au弱点編

auの弱点は、遊びの点だと私は感じています。
音楽や独自コンテンツなど多々ありますが、ドコモと比べると弱いです。

どうしてもFOMAのサービスとauのサービスを比べると
テレビ電話も無いですし、「HomeMessenger」という5人で同時コミュニケーションの機能も、
悪くは無いですが、やはり、ドコモの二番煎じという感じは否めないです。

この点がauの弱点であり課題ですね。
ただ、最近は各社サービスにさほど違いを見出せなくなっています。

3年前ならおサイフケータイの機能も、ドコモの独占だった可能性がありますが、
現在はどの会社でも使える機能です。

そういった意味では、今後、通信速度と範囲が顧客の抱え込みには必須条件になるので、
この点でリードしているauは強いですね。

それと、auの一番の泣き所は、携帯のデザインです。
新しい携帯が出たときに、「ん?」との話を良く聞きます。
コレも今後の課題ですね。



機種変更をする!au魅力編

auの魅力は、一番通信速度が速いという点ですね。
電話をする際の電波状況も他社より頭1つ抜けています。

その他、音楽のサービスにも強く、今現在一番勢いのあるキャリアです。

それに使用料も割引制度があり、楽しむ点でも独自のコンテンツが充実しているので、
他社からの乗換えが多いのも納得です。

今後は、携帯でも検索エンジンでのサイト検索が主流となっていくことが予想される点でも、
auはGoogleと提携し、現在も使用しているので、有利に働くことは間違いないです。

auは勢いはあるがTOPにはまだまだ差があるということで、
おごることなく改善に努めていくはずです。

とりあえず、今はauなら間違いはないと思いますよ。




Powered by Movable Type 3.31-ja Copyright(C) 2006 機種変更とナンバーポータビリティを解説〜知って得する携帯機種変更〜 Allrights reserved.